スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁切り神社



★★★★☆

京都の奇妙な神社に迷い込んだ私は、一枚の絵馬に気づき、ぞっとした。「水野季実子と深田拓也の悪縁が切れますように」―水野季実子とは、まさしく私。深田拓也とは、私が一カ月前まで付きあっていた男。いったい誰が、なぜ…?表題作「縁切り神社」他、男女のリアルで意外な一幕を描く傑作・恋愛小説集!文庫オリジナル。


どっかで聞いたような話だなーと思ったら、世にも奇妙な物語でありましたね。
その時は深キョンが演じてたわ。
表紙から内容から、おどろおどろしてるけど、内容は怖くない。
短編。短い。わかりやすい。面白い。そして、深い。
どの話も印象的で、多彩。
悲しさと希望と、滑稽さといろんな愛の表情を表情を見せてくれ、どの話も面白かった。
特に夜と月と波、という話がいい。
片思いしている相手のよき男友達だった彼。
尽くして忍んで、報われなかった恋の終わりは相手の結婚式にまで招待される始末。
見返りをちっとは、期待したくなるわなぁ。
そんな彼に声をかけた三味線男。
「嫌われたら困るのか?」
の一言が効いてました。
ランディさん、やっぱ好きだわアップロードファイル
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/616-8d41257e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。