スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちずに一本道 いちずに一ツ事 (角川文庫)


いまさらながら超メジャーな相田みつをさんです。
これ、絶対読んだことあるのに昔読んだのと響きが全然違う。
社会人となって、人とぶつかったり、助けられたり、騙されたり・・・
それも生きていくうえで、私を濃くしてくれる体験なんだなーと思った。
特に「正直者はバカを見る」と「正直は一生の宝」が身にしみた。
どちらも本当で両面から見ることが必要で、どちらを選ぶかは自分次第。
嘘が下手で、正直すぎて失敗ばかりしている私にはとても身にしみた。
この本は評価できません。心の中で、ハナマル。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/626-42778734
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。