スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまのカルテ

夏川 草介
小学館
発売日:2009-08-27



栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。第十回小学館文庫小説賞受賞作。


★★★★★

お久しぶりです。ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。
相変わらず本は読んでいますし、ブログも辞めるつもりはないので、頻度は多少落ちてしまうかもだけど、
これからもよろしくお願いします♪

さて、復活第一弾の記事はこの本!最近人気でてきてますねぇ。
私はカスヤナガトさんのイラストが大好きです。女の子が清楚で頬をほんのり染めて、あぁなんて可愛いんだろう!
・・・と思って読んでみました。
ほとんど、カスヤナガトさんの表紙は本能的に手に取ってしまいます。
いわゆるジャケ買い、というものです。(・・・買ってないけど)

医療物って、難しそうだし重そうだし、苦手・・・と思ってたけどそんな人にもオススメなこの一冊。
とにかく読みやすい。
登場人物たちは、突飛な設定だけど、人間くさくて憎めないし、
内容が医療がメインじゃなくて、人の生きざまがメインだからなのかも。
まさか、夫婦のあり方について考えるとは思わなかったし。
ちくしょー、なんでこんなにあったかいんだよ!と思いながら気が付いたら泣いてた。
冷え切った体にあったかいお話は効いた。とてもオススメな作品です。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/631-791c0363
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。