スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大少年

菅 広文
講談社
発売日:2009-11-25


ロザンの菅ちゃんが書いた宇治原さんの少年~芸人下積み時代までの本です。
ロザンはアメトーークでなんとなく好きになり、実際見に行ったりしたんですが、
肝心のコントはあんまり知らなかったりする。(→ダメファンじゃん)
正直、宇治原さんは芸人というより頭のいいタレントさんという印象なんですが、
読んでみて、すごく変わってるし、芸人ぽいこともやってたんだなーと思いました。
子供時代は超ヘリクツで可愛くないっ!んで、頭がめっちゃいいです。
子供時代の宇治原さんのヘリクツが今見ても通用する。
IQの高いうえに精神年齢も高かったのかしら?
・・・と思いきやピュアで単純なところもあり宇治原さんって面白いなぁと魅力が伝わってくる。
相方のことをよく見てるなぁ。

勉強法ものっていて、学生時代に読んでたならもっと成績あがってたかも!と思いました。
読んでよし!子供によし!人生に・・・はわからんけど、面白かったです。
京大芸人の方も読んでみよっと
この記事へのコメント
こんばんわ^^
この本、買ったくせに積読になっています^^;読まなければ。
宇治原君が好きです^^
平成教育学院というテレビで6週連続で優等生になって、この人は誰だ!?と思ったのが最初でした。
え、芸人?っていうのが始めの印象で^^;
私もあまりロザンのネタは観たことないです。
でも、2人は仲が良さそうで好きです。
私も早く読まなければ。
読んだらまたお邪魔します!
(いつになるやら・・・)
苗坊 | URL | 2010/04/20/Tue 00:28 [EDIT]
こんにちは。
積読しておくにはもったいないですよ~。
たぶん、苗坊さん好きだと思うので、ぜひ一読くださいませ❤

ロザン、芸人のイメージがあんまりないですよね(^^;)
ネタよりもトークの方が好きです。。。

感想、待ってますよ。気長に(笑)
sonatine | URL | 2010/04/22/Thu 06:27 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/647-0d42e76e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。