スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風待ちのひと

伊吹 有喜
ポプラ社
発売日:2009-06-19


“心の風邪”で休職中の39歳のエリートサラリーマン・哲司は、亡くなった母が最後に住んでいた美しい港町、美鷲を訪れる。哲司はそこで偶然知り合った喜美子に、母親の遺品の整理を手伝ってもらうことに。疲れ果てていた哲司は、彼女の優しさや町の人たちの温かさに触れるにつれ、徐々に心を癒していく。
喜美子は哲司と同い年で、かつて息子と夫を相次いで亡くしていた。癒えぬ悲しみを抱えたまま明るく振舞う喜美子だったが、哲司と接することで、次第に自分の思いや諦めていたことに気づいていく。少しずつ距離を縮め、次第にふたりはひかれ合うが、哲司には東京に残してきた妻子がいた――。



★★★★☆

お友達に「おもしろいよ」と紹介されて読んだ本。
前半、なかなか盛り上がらなくて辛かったけど、だんだん面白くなってきて、
やめられなくなった!
後半はとくに、どうなるかドキドキ・・・。
いやぁ、面白かった!!!伊吹さんすごいっす!別のも読んでみたい!!!

この本を読んで、わたしは喜美ちゃんみたいなおばさんになりたいと思った。
若いね~きれいだね~と称賛される人よりも、頼りがいがあって、みんなに慕われて、
でも自分のとっておきの女の部分をひとりだけわかってくれる人がいる。
若い子と張り合って、美に執着してる人よりもずっと美しい感じがする。
もちろん、キレイに越したことはないんだけど。

恋っていいなぁとしみじみ思った。
そして、年齢とともに、恋に求めるものも変わっていくのだと。
哲司の奥さんは、ヒステリーに描かれているけど、私は彼女に共感してしまった。
彼女の立場だったら、旦那が病んでしまったのなら自分が頑張るしかないし、
関係が冷え切ってしまったのなら、他の手をつかんでしまうことだってあるかもしれない。
何が、誰がわるかったのか。どうしてこうなっちゃったのか。
それは時間とともに、求めるものが変わっていったからで誰が悪いとかほとんどないんだろうなぁ。
喜美ちゃんも今だから哲司と求めるものが同じだけど、若い時だったらくっつかなかったと思うし。

私も風待ちの人です。早く追い風来ないかなぁ。。。
この記事へのコメント
こんばんわ^^
私は伊吹有喜さんの「四十九日のレシピ」を今日読み終わりました。
こちらもとても良かったですよ^^
「風待ちのひと」も読んでみたいと思いました。
図書館に勤めだしてから、本を大量に見るようになり、あれも読みたいこれも読みたいと、今積読本がエライことになっているので^^;
それが片付いたら(片付くのか?)読んでみようと思います。
いつになるやら。。。
苗坊 | URL | 2010/05/30/Sun 00:25 [EDIT]
図書館司書での記事を見るのがとても楽しみです♪
本を見れるってことは積読増えますよね~。
羨ましい悩みだな☆
風待ちのひと、すごくよかったですよ。
ぜひぜひ読んでみてください。
わたしも、レシピの方も読んでみます(^^)
ご紹介ありがとうございました。
sonatine | URL | 2010/06/08/Tue 19:53 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/659-f1400132
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。