スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り星がひとつほしいとの祈り
原田 マハ

実業之日本社 2010-04-15
売り上げランキング : 223544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

三十代半ばの文香は、著名コピーライターとして知られた存在だったが、恋愛だけは不器用。上司との不倫旅行に嫌気がさし、松山へやってきた文香は、ホテルでマッサージを頼んだ。マッサージの老婆は文香の体に触れながら、戦時中の話を始める。裕福な貴族院議員の家に生まれた彼女は、目が不自由だったため、いつも女中のヨネに支えられていた。彼女が恋をした家庭教師が出征することになり、ヨネが彼女と家庭教師を結びつけようと…(表題作より)。二十代から五十代後半まで、それぞれの世代の女性が遭遇した試練や人々のあたたかさ。娘として母として、女性が誰でもむかえる旅立ちのとき。人生の旅程を指し示す七つの物語。


★★★★☆

書店で見たときに、すごくきれいな本だなぁと思いました。
読み終わった後も、きれいな本だなぁとしみじみ思いました。

ずばぬけて好きなのは表題作。
これが真ん中にあることで、本の中のメッセージ性をうんと意識して読むことができる。
登場人物たちと同じように、暗いトンネルにあっても、終わりのないトンネルはない。
暗くて不安なトンネルの中も、幸せへの希望への通過点として人は歩んでいける。
たったひとつでも、星のような希望のような、何か一つを手にできたなら。

ずっと、なにかきっかけがほしいと思っていました。
自分だったり、特技だったり、信じられる何かだったり。
何か一つでもあれば、いいのに。
私の中に、キラキラと輝いている人の少しでもそれがいつか目覚めないかなぁ?
ポロロロンって音が急になりだして、人生が鮮やかにならないかなぁっていつも思ってた。
それはそばにあるのかもしれないし、これから見つかっていくのかもしれない。
切実に、ささやかな幸せを守ろうとする。
それを見つけようとする。
その中に、きっと私もいるんだと思える幸せ。
ひとりじゃないんだと思える幸せ。
この本に出会えた幸せが嬉しい。
この記事へのコメント
いろいろなシュチュエーションが目新しくて、すっと心に入ってきて、とてもよかったですよね!
次はどんなお話かと、わくわくしながら読みました。
最終話は、これでおしまいか・・なんて、ちょっと寂しくなってしまったり(笑)
ゆう | URL | 2010/06/23/Wed 08:27 [EDIT]
こんにちは。とてもよかったですよね~。
じわじわ人気が出てきてほしいです。
タイトルといい、装丁といい、話といい、全部よかったです!
sonatine | URL | 2010/06/23/Wed 19:41 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/669-4ae1aa37
星がひとつほしいとの祈り 原田マハ
とある市のキャッチコピーを頼まれた文香。宿泊したホテルで出会ったマッサージ師との不思議な出会いを描いた表題作をはじめ、様々な場所で、様々な場面での心温まる人間模様を繊細に描く短編七編。 どの編をとっても、何かを伝えようとする確固たる信念が感じられ、著者?...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2010/06/23/Wed 08:28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。