スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんでニューヨーク

竹中 あこ
ロコモーションパブリッシング
発売日:2005-05-25


NYで歌って暮らす著者。何も持たないのに旅が続くその理由は、「気」で人々の調子を調律(チューンアップ)する健康法が、なぜかNYで気に入られてしまったからなのです。アメリカの不思議な「凝り」の世界を語ります。


ハッチさんとこで紹介されてて、面白そうだったので読んでみました。
タイトルが面白い。もんでニューヨーク。ふふふ。
あこさんに整体やってもらいたくなる。
体は不思議。自分のことなのに、自分よりも他人のほうがわかることがあるんだなぁ。
私も時々整体に行くけれど、ズバリ的中されると嬉しい。
自分をわかってもらえたような気になる。
時代はどんどん進化していくのに、体のコントロールは自分のことなのに難しい。
あこさんの、流れに逆らわずに自然体でいるところがうらやましいし、そういう人を求めてしまうのがとてもよくわかる。
ここちよい本でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/674-a5b238a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。