スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデン・ロスト

紅玉 いづき
アスキーメディアワークス
発売日:2010-01-25


誰にでも、失いたくない楽園がある。息苦しいほどに幸せな安住の地。しかしだからこそ、それを失うときの痛みは耐え難いほどに切ない。誰にでも優しいお人好しのエカ、漫画のキャラや俳優をダーリンと呼ぶマル、男装が似合いそうなオズ、毒舌家でどこか大人びているシバ。花園に生きる女子高生4人が過ごす青春のリアルな一瞬を、四季の移り変わりとともに鮮やかに切り取っていく。壊れやすく繊細な少女たちが、楽園に見るものは―。


★★★☆☆

ミミズク以来の紅玉さん。
最初、マルの言葉使いに「オエー」っとなりながらも慣れてくると気にならないのが不思議。
読み終えて、ヒリヒリした。
毒舌なシバがどうしても好きになれなくて、シバは実はこの子たちのこと嫌いなんじゃないか、とか
なんでこんなこというの!とか物語からはじきたくなった。
最後のシバの話の途中まで好きになれなかったけど、読み終えた後にものすごく胸がヒリヒリいたくなって、
昔のつらい思い出が次々とあふれてきた。
つらい思い出の中に、優しく接してくれた人を思い出して、永遠と思った友情が今では途切れてしまったことを思うと痛くて、悲しくて、でも大切だったんだなぁと胸がドキドキして眠れなくなった。
紅玉さんはやはりすごい人でした。
この記事へのコメント
こんにちは~^^読みました。
紅玉さんの初の現代小説と言う事で楽しみにしてました。
4人の性格はバラバラなんですけど、それぞれいそうな女の子達だなぁと思いました。
シバが私も同じく何でそんなこというの!?と思ったのですが、どんどんじわじわきましたねぇ。
紅玉さんは凄い作家さんですね^^
苗坊 | URL | 2010/08/30/Mon 13:25 [EDIT]
シバ、最後の最後で読者のハートをがっちりつかみましたね!
紅玉さんはすごいです。MAMAは未読なので、機会があったら読んでみようかな(^^)
sonatine | URL | 2010/08/30/Mon 20:43 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/676-5841c87e
ガーデン・ロスト 紅玉いづき
ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)著者:紅玉 いづき販売元:アスキーメディアワークス発売日:2010-01-25おすすめ度:クチコミを見る オススメ! 誰にでも、失いたくない楽園がある。息苦しいほどに幸せな安住の地。しかしだからこそ、それを失うときの痛みは耐...
苗坊の徒然日記 2010/08/30/Mon 20:45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。