スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真綿荘の住人たち

島本 理生
文藝春秋
発売日:2010-02


奇妙な恋、奇妙な幸せ。いびつで切ない下宿物語。


★★☆☆☆

久々の島本さんです。
最初の主人公の大和くん以外は、みーんな生きることにぐったり疲れていそうな人たちのお話。
女の人はよわっちぃし、男の人はだらしないし、こんな下宿生活なんて縁がないし、
読んでて気持ちがいい本ではなかったです。
サクサク読めました。面白くないわけではないです。
やっぱりでも苦手です。

あぁあ、ガール読みたくなった。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/679-e7c511f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。