スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳という名の少年

桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-05-11


「愛してるわ!ずっと昔から…。子供の頃から、愛していたわ!」町でいちばん美しい、娼婦の四姉妹が遺したものは?(1、2、3,悠久!)、黄色い目の父子と、彼らを愛した少女の背徳の夜(ジャングリン・パパの愛撫の手)、死にかけた伝説のロック・スターに会うため、少女たちは旅立つ(地球で最後の日)、―桜庭一樹のゴージャスな毒気とかなしい甘さにアーティスト野田仁美が共振してうまれた、極上のヴィジュアルストーリー集。


★★★☆☆

美しいかんばせを受け継ぐ一族の物語。
母は子供を産み、その子どもは皆美しく母に似るが、子から親へ美貌が引き継がれると、
母は必ず巨漢と化し、醜くなってしまう。
それだけが繰り返される。

だから何?

というのも正直思ったんですけど(^^;)

単純なループな話のにしっかりと物語を紡いでいて、ページ数も少ないし、装丁が素敵だし、サクサク読めました。それでいて、軽くはないんです。

美しすぎるっていうのは、怖い。
何だって、許されてしまうような特別さがあるんだもの。

運命がこんなに悲しいならば、わたしは美しすぎる美なんていらない。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/693-cf38f44a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。