スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儚い羊たちの祝宴




厳しめで★★★☆☆

Story Seller (新潮文庫)の玉野五十鈴の誉れがすごく好きだったので、読んでみました☆
五十鈴の世界観と同じような、古風で情熱と執着をもった、どれもストライクなものばかりの短編集。
どの話もおもしろく、主人公たちの残虐さと反比例するように貫かれた生き方に怖々ながらも読み行ってしまいました。
好きなんだけど・・・贅沢を言ってしまえば、時代設定も結末もパターン化してしまってるのが残念。
デザートはちょっとでいいのです。
好きなものとそうでもないもの。違う味のものが入っていてこそより情が深くなる。
わがままな読者で、すいませ~ん。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/694-20c0a736
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。