スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちにち8ミリの。

中島 さなえ
双葉社
発売日:2010-08-10


好きな彼女に会いたくて、1日8ミリずつうごく石と、石と話のできるペットの猿を描いた表題作の他、「ゴリづらの木」「手裏剣ゴーラウンド」など、どこかにありそうで、どこにもなかったお話3篇収録。懐かしくて胸の奥底をぎゅっと掴まれるようなこの短編集が小説デビュー作となる。父・中島らもを超える物語の紡ぎ手の登場!


★★★★★

今年ナンバーワンの本かも!ちょっとウルっときました。
こういうありそうでないような、童話チックな話大好きです。

ゴリづらの木・・・・
猫背な女の子とゴリづらの木にいる少年の話。あったかくてこの話が中でも一番好きです。
誰かに感謝すること。恨まないこと。澄み切った気持ちにさせらえれました。

手裏剣ゴーラウンド・・・
先祖の敵?でタイムスリップしてきた忍者から監視されるようになった廃園寸前の遊園地園長のお話。
ううう・・・これもまたよかった。
人間同士の関係って、置かれている環境が決めるんじゃなくて相性が決める。
付き合うごとに「あ、こいつ好きだな」って思えばうまくいく。
そんな単純なものであったらいいのに・・・。
男同士のさっぱりとした友情?が好きです。

いちにち8ミリの・・・
女の子に恋する石と同じく恋する猿のお話。
人間の身勝手さ。動物の一途さ。そして抑圧された野生の力。
小さなものも、力がある。
なんかうまく言えないけど、相手に好かれようと努力するのもいいけど、
相手を好きだという自分の気持ちを大切にしたいって思いました。
見返りよりもひたすらに相手を想う。
そんな風に人を愛でていきたいなぁ。

どの話も忘れられない、素敵なお話でした★オススメ!!!
この記事へのコメント
どの話も面白かったですね。
私も好きな作品集です。
忍者の話が特に好きでした。
楽しみな作家さんがまた増えましたね!
ちきちき | URL | 2010/10/22/Fri 22:16 [EDIT]
忍者の話もよかったですねぇ!
ちょっとのファンタジーとシビアな現実がコミカルで、読んでいて楽しかったです。
好きな作家さんが増えました♪
sonatine | URL | 2010/10/25/Mon 20:13 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/697-60918649
いちにち8ミリの。
JUGEMテーマ:読書  好きな彼女に会いたくて、1日8ミリずつうごく石と、石と話のできるペットの猿を描いた表題作の他、「ゴリづらの木」「手裏剣ゴーラウンド」など、どこかにありそうで、どこにもなかったお話3篇収録。懐かしくて胸の奥底をぎゅっと掴まれ?...
ぼちぼち 2010/11/01/Mon 21:24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。