スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Story Seller〈2〉


★★★☆☆

<1>がおもしろかったので、2も読んでみました。
うーん、イマイチ乗れなかったなぁ。

●沢木耕太郎 マリーとメアリー
エッセイなのかな?ブラディー・マリーというお酒の由来の話。
ふーん。

●伊坂幸太郎 合コンの話
3対3のごく普通の合コン。
ひねりは多少あるけれど、普通に終わっちゃった。

●近藤史恵 レミング
サクリフェイスのスピンオフ。
毎回面白いけど、別のテーマを読みたくなる。

●ヒトモドキ 有川浩
ゴミ収集癖のある、不潔なおばさんの執念。
老後のためなら身なりなんて気にしない!
ためにためたお金は、何としてでも駆け引きに使いたい。
だってそれしか武器がないのだから。
その執念にぞぞっとしました。気持ちが悪かった。
気持ちがいい話じゃないけど、いちばん面白かった。

●リカシブル・リブート 米澤穂信
転校生の女の子。親は血のつながらない母と弟。
家族の間に枠があって、その枠に入れない。
転校したから、その中にも入りにくい。
枠に馴染もうとする女の子の孤独感が伝わってくる作品でした。
最後にちょっと希望があるのがよかったです。

●444のいっぺん 佐藤友哉
このシリーズ苦手。ギブアップ

●日曜日のヤドカリ 本多孝好
再婚して親子になった主人公と、とってもよくできた娘の弥生さん。
お母さんがカケオチした!?
ふたりの真相究明はいかに!?
弥生さんがイマドキないくらいしっかりしている。
のに、頑固で口が達者なところがおもしろい。
親子のコンビが見ていてほっとする。
面白かったですねぇ~もうちょっと見ていたかったかも。
この記事へのコメント
こんばんは^^
このシリーズで印象的なのは「ヒトモドキ」ですね。
あれは怖かった・・・でも、面白かったと言うのもありますね。読む手が止まらなかったです。
あと「日曜日のヤドカリ」も好きでした。
本多さんの作品は、数年前に1冊読んだきりだったのですが、他の作品も読んでみようかなと思いました^^
親子コンビが本当に見ていてほっとしました。
わたしも、もうちょっと見ていたかったです。
苗坊 | URL | 2010/11/01/Mon 01:00 [EDIT]
やっぱり!
わたしも有川さんのが一番読みやすくてインパクトがありました。

いま、フリーターのドラマがあっていますが、そっちもおもしろいっ♪
sonatine | URL | 2010/11/10/Wed 22:03 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/698-add3705b
Story Seller2
Story Seller〈2〉 (新潮文庫)販売元:新潮社発売日:2010-01-28おすすめ度:クチコミを見る 「マリーとメアリー ポーカーフェイス」沢木耕太郎 沢木さんとお酒に関するエッセイ。吉行淳之介さんとお酒を飲み交わした事。飛行機の中で必ず飲むカクテルの話などを語る。...
苗坊の徒然日記 2010/11/01/Mon 00:58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。