スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月のさなぎ

石野 晶
新潮社
発売日:2010-11


森の中の学園に隔離されて育った、性別のない子どもたち。成人するにつれ性別が確定し、ひとり、またひとりと巣立っていく。年に一度の降誕祭を前に「学園の貴公子」と称される薄荷は、外界から侵入してきた少年と恋に落ちた。森への逃避行、フラッシュバックする記憶。17歳の身体と心は、意思とうらはらに変わりはじめる…。第22回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。


ファンタジーなので、苦手な人もいるかもしれない。
けど、わたしは面白かった!一気読み★
等身大からぶっとんだ世界にトリップして、ひさびさに読書にのめりこんだ。
性別もそうだけど、この閉鎖的で病的な潔癖感が好き。
美形で、清楚で、隔離された、滅菌された空間。
私の生活とは程遠いわぁ~(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/722-32b67239
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。