スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十すぎのぼたん雪


田辺聖子さんが今ブームらしい・・・。
POP書きと帯に乗せられて買ってみました。
内容は30を過ぎた女たちの短編集。
独身の人が多いんだけど、ときどき既婚者もいます。
この本を読んで思ったのは、頭で考えずにぽーんって飛び込んじゃったほうが楽しいのかなぁと思いました。
ひとつひとつのエピソードは共感できるものが多いんだけど、ちょっと読みにくかったです

いま何時?
旅をすると男性に「いま何時?」ときいて接近を楽しむ女性の話。
やったことはないけど、気持ちはなんとなくわかります。
でも、友達には言えません。

ちびんこにへらんと
田舎に住む春川さん(52歳・男)は「後家ごろし」と異名をとるモテ男。
そこに弟子入りして、そのモテの秘訣を尋ねると・・・。
都会でも田舎でもそこでモテる人には何も言えませんし、モテる人は場所を選ばないんじゃないかなーと思いました。

るみ子の部屋
部屋が散らかりまくりの友人のるみ子だが、なぜか男は途切れない。
主人公であり、きれい好きなワタシは、るみ子に部屋を片付けて彼氏を迎えるように言うのだが・・・。
この話、結構好きです。
主人公の女の子に共感しまくり。
逆に正反対の、情けない面をさらけ出しても愛されるるみ子、の~んびりしていて懐の広いるみ子に魅力を感じました。
対照的なふたりの性格が面白かったです♪

母と恋人

母が家出した。
結婚をせかす母と娘が喧嘩して出て行った。
母をこっそりと探すうちに、ひょんなことから捜査に協力してくれる男性が現れて・・・。
この話も面白かった!気が合う人は自然に惹かれあうのだな~。私も早く出会いたいものです。

ぎっちょんちょん
父と母は夫婦漫才をやっている。
女好きでどうしょうもない父のことを母はとっても愛している。
ある日、父が浮気相手の家で亡くなったことから、母は娘に「一緒にやろう!」と持ちかけるのだが・・・。
この話も面白かったです♪娘の性格がサバサバしていて好感が持てました。

おやすみ
お隣さんからは女性と夜を共にする声が聞こえるー。
恋に踏み込めない女性と、それを思う男性の話。
これはあまり印象に残らなかった。

三十すぎのぼたん雪30代の2人。
いい男と出会えないのは、いい出会いがないから。
そういうハイミスの高畑さんは、わたしを子ども扱いする。
私は、「ハイハイ」と従順に受け流し、実は体の関係がある人はいて・・・。
これ、今の時代にもあるかもしれませんね。
高畑さん、痛いなぁ。私もこうならないように気をつけなきゃ。

風穴
寂しくなった30代の女性。
男っけもないひとり暮らしの生活。
元彼と連絡をとってみた。フットワークは軽い愛想のよい男だが、だめんず臭が漂っている男だ。
でも、接しているうちに「まぁいっか」と思えてきて・・・。
という話だったと思う。あんまりスキになれないお話でした。

偕老同穴
事故をきっかけに、夫は仕事を辞め、一日中家で寝ている。
本当にすやすやと丸一日寝るものだから、得体のしれない病気なのかも、と妻は思う。
真相はいかに!?
この話、スキじゃない。まだぎっちょんちょんの浮気相手先で無くなった夫のほうが好感持てます。
何だかんだいって惚れたら負け。それって不幸ともいえないのよねぇ。
田辺さんの恋愛観が見えた気がします。

この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/728-acd808c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。