スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マボロシの鳥

太田 光
新潮社
発売日:2010-10-29


かつて読んだことのない感動の形がここにある。爆笑問題・太田光、待望の処女小説!

「どこかの誰かが、この鳥を必要としている」――誰よりも小説を愛し、誰よりも小説に愛される芸人、太田光がついに作家デビュー!
 
舞台芸人の一瞬の輝きを一羽の鳥に託した表題作ほか、
父との不和に悩む娘やイジメにあう男子高校生の葛藤から、
人類の行く末、そして神の意志までを、
持てる芸のすべてを注いで描き尽くした《希望の書》。


この本、賛否両論みたいですね。
もともと太田さん単独のエッセイのファンで全部もってます。
それを読んだ上で読むと、太田光の思想が全部反映していて、小説なんだけども太田ワールドなんです。

エッセイが切り口が鋭いので、それにしてはあっさりしているなーという感じ。
さらっと読めちゃいます。
時事ネタや星の王子さまなどをモチーフにした話があったりと、おもしろかったです。

「笑い声っていうのは、たった今、この瞬間、その人が幸福だってことの証拠なんじゃないかなあ?」


ってことばがすごく好きです。
笑うってことは、幸せなことなんですね。
笑うから幸せなのか、幸せだから笑うのかって話が出ますけど、
どちらにせよ、【笑うことは幸せ】っていう法則が私たちの体の中には組み込まれているんだなって思いました。
幸せになりた~いってよく言うけど、笑うだけで幸せ。
幸せってそばにあるんだなぁ。
笑ったら「あ、今わたし幸せ」って思うことにしよう。

太田さんは、進化を否定しない。
そしてそれが過ちだったとしても、進化なくして発展はないってひと。
そして、過去は今、そして未来へとつながっていく。
人から人へと受け継がれていく。
文章とか話とかおいといて、太田さんの主張はビンビン伝わってきました。

とくに好きなのが、イジメられている卑屈な少年に悪魔が宿る「カラス」
魔女狩りの対象になってしまった母子を描いた「魔女」
9.11をモチーフにしたと思われる「奇跡の雪」

ダークな話の中でも特にダークなものの方が好きでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/736-fd60dc5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。