スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のカルテ2

夏川 草介
小学館
発売日:2010-09-28


医師の話ではない。人間の話をしているのだ。

栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家の妻・ハルの献身的な支えや、頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、日々を乗り切っている。
そんな一止に、母校の医局からの誘いがかかる。医師が慢性的に不足しているこの病院で一人でも多くの患者と向き合うか、母校・信濃大学の大学病院で最先端の医療を学ぶか。一止が選択したのは、本庄病院での続投だった(『神様のカルテ』)。新年度、本庄病院の内科病棟に新任の医師・進藤辰也が東京の病院から着任してきた。彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ一止に対し、砂山は微妙な反応をする。赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、かつてのその姿からは想像もできないものだった。
そんななか、本庄病院に激震が走る。



今回も素直に「読めてよかったなぁ」とジーンときました
同窓の進藤が加わったことで、迷い、病み、未熟、発展・・・と、より人間らしいお話に。
こういう病院のスタッフとして働けたら夢があっていいなぁ。
というか、もっと自分も頑張らなきゃな、と思いました。
信念を持って仕事をしたり、悩んだりする人たちは素敵です。

今回は、医者も人間。
過酷な労働と求められることの大きさ。
そして、自分だけでなくそれを支える家族も大変。
思った以上に医者というのは想像を絶する世界なんだな、と思いました。
(医者もそれぞれですが

「医者の話ではない。人間の話をしているのだ」

の名台詞が聞けたときはグッときましたね。


「無理が通れば通理引っ込む」

何かを変えたい!やり遂げたいって思ったら、今までの常識をふっ飛ばしてでもやってしまえば、
やり遂げられることがある。
そんなことを思いながら読み終えた。
しかし、調べてみると、正しくは
まちがったことが堂々と行なわれると、
正しいことが行なわれなくなること

の意味だった
栗原先生のようにすらすらと日本語を使える日は程遠い・・・

作者の夏川さんは待遇もお医者さんで地域医療をされている方。
地域医療の医師の叫びのようにも思えます。
それだけでなく、人間ドラマとして描かれているところに惹かれました。

これ、映画化かー。宮崎あおいちゃんはイメージ通りだけど、櫻井君、どうなんだろう・・・。
頑張ってほしいです!

ハルは仕事辞めちゃうのかな?辞めなさそうなけど、実際はやめた方がうまくいくかもなぁ。
すごく仲よさそうなふたりですが、時間的にはすれ違いなふたり。
信頼関係で結ばれているけど、実際ハルの立場なら寂しいだろうなぁ。
信念をもった男に惚れたなら、自分もしっかりとしていなければいけないんだなぁ。
もともと可愛らしいハルですが、しっかりしていて、理想の嫁さんだなーと思いました。

続編でるのかな?カスヤナガトさんのイラストでまた見たいです!
この記事へのコメント
こんばんは^^
素敵なお話でしたよね。
イチ先生とハルの夫婦関係もいいですし、イチ先生の医師としての誇りがもの凄く伝わってきました。
これからも続いてほしいですね。

映画、私もあおいちゃんはピッタリだと思いますが、翔君は若すぎる気がします。
苗坊 | URL | 2011/06/15/Wed 23:38 [EDIT]
あおいちゃんはぴったりですよね!
ツレが鬱になりまして、の奥さん役もされるのだとか。
若いお嫁さんの役が本当に似合いそう。

翔君は若すぎるし、イチ先生のイメージではないなぁ。
堺雅人さんとかが似合いそう。
sonatine | URL | 2011/06/22/Wed 10:39 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/740-f5a2cfed
神様のカルテ2 夏川草介
神様のカルテ 2著者:夏川 草介小学館(2010-09-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 医師の話ではない。人間の話をしているのだ。 栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対 ...
苗坊の徒然日記 2011/08/17/Wed 13:45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。