スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブ・ケミストリー

喜多 喜久
宝島社
発売日:2011-03-04


どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。東大で理系草食男子が巻き起こす前代未聞のラブコメ&ミステリー。東大卒の著者が描く“日常系コメディ”登場!天才的化学センスをもつ藤村桂一郎は、初恋によってスランプに!突然現れた死神・カロンに振り回され、超オクテの草食男子はどこへ行く!?2011年第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。


わりと評判のいい作品ですが、わたしはイマイチ好きになれないです。
藤村の理系的な考え方と恋愛の不器用っぷリはいいんだけど、
途中から「もしかして・・・」と展開が読めてしまうところと、
どんでん返しのツメが甘いように思いました。

以下ネタバレ

↓↓

最後の最後でヒロインを入れ替えるという設定。
そのオチはいいとして、わたしとしては変にカロンが小細工せずに男だったけど、女になって、
周りの目から彼女を守っていき、ふたりはささやかな幸せを手にする。

みたいな感じで終わってほしかったなぁ。
だって、性同一性障害で悩んでる人から見たらどうなの?
苦しみをあっという間に魔法で解決しちゃうなんてちょっと浅はかかな、と。

すべてがまーるくハッピーエンドすぎて、逆に冷めてしまった。
キャラクターが魅力あるだけに残念。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/741-1059a588
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。