スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしまいのデート

瀬尾 まいこ
集英社
発売日:2011-01-26


いろんな形の「デート」、あります。
祖父と孫、元不良と老教師、特に仲良くもない同じクラスの男子同士、協力して一緒に公園で犬を飼うOLと男子学生。何気ないのに温かい人と人のつながりを軽やかに描く、5編収録の作品集。


瀬尾まいこさん、夢中で読んでたなぁ。
あの頃と変わらない優しい文章で、懐かしくなり嬉しかったです。
読みやすくて、後味が良くて、ちょっと面白い。
やっぱり好きだなぁ。

おしまいのデート
離婚して、離れて暮らしている父親の親、つまり祖父と孫のお話。
月1で祖父と会っているてのも不思議な感じですが、ちょっとずれているエピソードも健在で、
あぁ瀬尾さんだ~と思いました。

ランクアップ丼
非行少年の生徒と老先生のお話。これもデートとひとくくりにしちゃうところがいい発想だな~。
卒業しても、月1回、玉子丼を食べる二人。
その習慣を卒業しても大切に思っている彼は、きっと義理堅くて素敵な男性だろうなぁって思います。
こういう世代を超えたつながりがあると面白い発見や教えがあるんですね。
若者よりも、こんなおじいちゃん先生みたいにカッコイイ大人になりたいです。

ファーストラブ
仲良くもないクラスメイトの男とデートすることになった男の子の物語。
えぇ!?瀬尾さんがついにBLに突入?
とドキドキしながら読みました。
最初はイヤイヤだったけど、だんだん居心地がよくなって、楽しくてまた会いたくなる。
相性がいいとこんな風に自然に仲良くなれるんだなぁ~と思いました。
結局、恋か友情かグレーゾーンな終わり方なんだけど、
私はタイトル通り初恋に似たものじゃなかったのかな?と思います。
彼らは今まで、こんな自然なものを恋って認識してなくて、女の子と付き合ってたけど、
思い返してみたらいつか恋だったのかもなって思うのかもしれません。
こういう恋っていいなぁと思った作品でした。キュンときたー。

ドッグシュア
OLと中華屋でバイトする学生さんのお話。
捨て犬をふたりで世話することになった。
環境も年も考え方も違うけど、この二人も自然と仲良くなっていきました。
出会いはいろんな場所にあるのかもしれない。
自分を飾らなくてもいい場所があるのかもしれない。

デートまでの道のり
幼稚園の先生と、妻を亡くした父親。そしてその子供。
先生と父親は恋愛関係。子供にはまだ伝えてない。
だって、先生に子供はまだなついていないから。
これもまた瀬尾さんらしい作品。
子供を子ども扱いせず、怯えたり、様子を窺ったりする。
この3人の関係も後半になるにつれ、自然に思えてくる。
脩平さん、目を細めて見守ってそうだなぁ。
きっといい家族になれると思う!
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/744-e0cb9897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。