スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木暮荘物語

三浦 しをん
祥伝社
発売日:2010-10-29


小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人。一階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。一見平穏に見える木暮荘の日常。しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。


明るいあっさりとした本でした。しをんさんっぽくない作風で、毒がないのがびっくりです。

シンプリーヘブン
3年も連絡の取れない彼氏を待つのをやめて新しい恋人と同棲中の繭。
そこに帰ってきた恋人は、別れたとは思ってなくて、強引に3人の同居生活が始まった・・・。

この3人のゆるさが好きです。
割り込んじゃった元彼さんが嫌味がなくて、しょうがないなって受け入れちゃうのもわかる気がします。
最後の終わり方も好きです

心身
年とったおじいちゃんが死ぬ前にセックスがしたい!
妻に断られたため、相手探しに頑張る話。

あんまり印象に残らなかった。

柱の実り

駅前にあるものそっくりな形のキノコを発見したトリマーの女の子とやくざっぽい男の話。
組み合わせがおもしろかったです。動物とやくざ。キュン

美禰はあまり気にしなかった。
前田がどういう人物で、どこでなにをしているのか。
そんなことは、どうでもいいと思った。


のところがいいなぁ。
実際は甘ったらしさのないさっぱりした話で、後半の意外な展開もよかった
昔ならではの男気を感じましたぁ~♪

黒い飲み物
喫茶店を営む旦那の作るコーヒーが受け付けなくなっちゃった奥さんの話。
夜な夜な抜け出す旦那に浮気疑惑!
真相解明のため、バイトの繭ちゃんと追跡開始。

結末も好きだけど、夫婦の歴史を感じるなぁ~。女は強し。
惚れた弱みってあるんだろうなぁ。


同じ木暮荘に住む派手な女子大生の生活を覗き見るのが冴えないサラリーマンの話。
変態なんだけど、見てる方も見られている方も変態っぽさが薄くて、
世話焼きおじさんと困ったギャルって感じ。
この話がいちばん好きでした

ピース
穴にリンクする作品で、覗き見られている女子大生側のお話。
ふたりはいいコンビだな~、恋仲になればいいなぁ~。
人って外見だけではわからない。いろんなものを抱えて生きているんだな、と思いました。
穴を読んだ後に読むと、悲しみと救いが混じって、味わい深い作品。

嘘の味
人が作った飲食物を口にすると、嘘をついているかわかる味覚の女性と、冒頭の元彼さんの不思議な同居生活の話。

ピースがインパクトがあったので、ちょっと薄れてしまいました。
ピースを最後にもってくればよかったのに~。
今度こそうまくいくといいねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/746-e9d194ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。