スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうの私は、どうかしている


順調にキャリアを積んでいるが、白髪抜きをやめられない女が風呂場で膝を立てた瞬間、白いものを見つけてしまう「取り扱い注意」。嘘が得意で、独り身なのに姑の目を盗んで男のアパートにやってくるふりをする女が行為のあとに思わず男に本心を漏らしてしまう「真実」。体の賞味期限を気にする女が酔った勢いで初めてキスした相手に、翌日起こった地震を口実に電話する「揺れ」。四十歳という齢を意識しながら、恋、仕事、家族と向き合う独身女性たちのどこかひたむきで、だからこそ愛すべき日々をリアルかつ澄んだ筆致で捉えた十一篇のストーリー。


白石一文に「あなたは小説を書かなければいけない人」と言わせた作家さんです。
アンチエイジングで女性もパワフルに!キレイに!という流れの中で、
それに逆行するかのごとく、全体的に暗く重い雰囲気のものばかり。
それが「人生って楽しーっ」って謳歌している人たちよりも「これでいいのかな?美貌もお金も人並みに手に入れたのに満たされない・・・」という本書の女性たちのほうがリアルに感じられた。
胸の奥がざわざわする読後感。たしかにこの人ならではって感じです。

取扱い注意
キャリアウーマンの主人公。最近肌のたるみや白髪が気になる・・・。
おバカな年下女子や友達にヤキモキ・・・。
決して悪くないルックスなのに、男っ気なし。
元カレは最低だけど、恋しくて・・・。

印象的なのは、復縁話をけしかけて断られた場面。
涙を流す傍らで、マスカラの崩れを気にしてコップで見てしまう。

「ほら、また自分の顔ばかり見ている。そんなに自分が大事なのかよ」


これに対し、主人公は全く悪びれた感じはありません。
ドキッとしたシーンでした。私もわりとそういうところがあります。
周りの目を気にせず、ワンワン泣いたり、思いのままぶちまけることができません。
ゆがめられた自己愛がテーマな気がします。
痛いです。でも他人とは思えない・・・

楽屋裏
帰郷するたび、母親に結婚をせかされる娘の話。
嫌だな~と感じる心と、両親も弱ってきていることを実感し胸が痛くなる話。
最後は意外なところで、希望が持てて、綺麗すぎない展開がよかったです。

真実
ウソつきで、ずるがしこい姉が主人公。
よすぎる妹のコネで入った会社を身内の不幸に仕立て上げ、結婚歴もないのに不倫といいくるめ、
恋を楽しむ主人公。
周りを傷つけてでも、自分が良ければいいという主人公。
読んでいて、イライラします!!!
だから彼女の真実のセリフは、ちょっとザマアミロと小気味よいのです。

カモと鍋
もしかして↑の子の友達で、恋人を奪い取られた女性の話。
口車がうまくて、洋服とか彼氏とかあることないこと言われて、とられまくった。
でも、果たして口だけで得たものがずっと続くもの・・・?
こちらもしたたかに復讐しかかります。
最後がんばれーって思ったけど、余韻を残したまま終わっているのがざわざわ。
お楽しみはこれからってか?

警告音
周りから祝福されそうな男との結婚が決まった女性。
「よかったね」「おめでとう」
でも実際は・・・
彼女の頭の中には警告音がなる。「これでいいの?」

よくない!
前へ進むってどういうこと?

・・・・


他のも短編がたくさん。どれもざわっと余韻が残ります。
とくに最後の「見る」が印象的。
マンネリカップルなのに、姪をつれてきたら・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/747-2514eae4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。