スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

With you

434440677XWith you
小池 真理子 岩井 志麻子 桜井 亜美

幻冬舎 2005-08
売り上げランキング : 3,566
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

職場の人に借りた本。
sonatine初の官能小説。
といってもアンソロジーだからそこまではディープでない。
江国香織さんや桜井亜美さんなど、人気作家たちが書いたアンソロジー。
私は好きですね。
面白いと思ったのだけを簡単に説明。

『ソリュスティスガール 桜井亜美』
AV女優と男優の話。
ちょっとした裏話や、ふしだらと呼ばれる業界の中に生きる純愛。
そしてエロティズム。面白い。

『野火 板東眞砂子』
少し昔の話。田舎に住む未亡人が馬の種付けの儀式を見て×××。
これは、官能もあるけど、凶器を感じます。
ひんやりとした人間の嫉妬、干渉、本能。どろどろした物。
でも、ラストはなぜか主人公がたくましく見えました。
時代の古さ、言葉の古さが艶かしい。

『ぐるぐる 島村洋子』
だらしなく、容姿も美しくない女はひとつだけ素晴らしいものを持っていた。
そんな彼女に男は24時間カメラを部屋につけるだけで1日1万!というバイトを持ちかけた。
設定的にはエロいんだけど、文章から女がだらしないのがわかってくるので、女から見たらエロは感じなかった。
でも、面白かった。

『曼珠沙華 桐生典子』
彼岸花、毒、昔の話、女のずるさ、目が見えない、そしてミステリー。
これを見て、ドキリとした人は好きなはず。

『ダブルフィーチャー 真野朋子』
妻と若い愛人生活を謳歌する、男性の元気な生活。
ちょっと笑えて、でもいいとこどりなんてさせない!って思っちゃう。
楽しく読めました。

『蝶々の溜息』
SMクラブの女王様は本当は、Mだった、という話。
一番エロかったですmabataki.gif


『突き進む娘 江国香織』
性に関する関心が強すぎる女の子の話。
最初は喜んでいた男たちも、段々と怖がり離れていく。
読んでいると、不思議と女の子が普通で離れていく男の子が白状に見えてくる。
ダメダメ
確かにこの女の子は少し変だ。
江国トリックにだまされるな!
onpu.gif
官能小説って読むのをためらってしまっていたのですが面白いですね!
人気作家がいるから、少し抵抗が和らいだのかもしれませんが。
エロティズムってみんな関心があるものだと思うのです。
それをサラリといくか、ねっとりといくか。
ただ、そのシーンだけを取り上げてしまうとつまらないものに感じてしまうのですが、ストーリー性のあるものは面白い!
女性のアンソロジーだから、女性に読んでもらいたいです。
この記事へのコメント
私は面白いものは好きだぞ。
前、SONATINEのブログひらいたときに「ぽこっ」て音がするって言っていたでしょ!?あれポップアップ表示音だった。(曝)猫の温度計見れるようになってからは大人しくなりやんした(笑)謎は・・・解けた!
さーて、久々にソナチネ(ソナタは指がつるから)弾いてこようかな
old | URL | 2005/09/03/Sat 15:10 [EDIT]
OLDへ
ねこの温度計かわいいでしょ♪
設置の仕方をブログ講習会のとき教えてあげるよ☆
OLDのピアノは聞いたことがないんだよね。
今度うちに来たときに弾いてよ(^^)
sonatine | URL | 2005/09/03/Sat 23:57 [EDIT]
お久しぶり
sonatineちゃん、元気かい??
ずっとあってないよね・・会う
チャンスはあったのにさ・・
今度こそ、遊ぼうね!
そういや、TV電話わかったかな??
えなりん | URL | 2005/09/06/Tue 13:59 [EDIT]
官能小説って・・・
おじさんが読むものって思ってたけど、
江國が書いてるなら絶対私も読みたい!!
女性向けにソフトな感じなのかな?
官能小説のアンソロジーってあるのね~
初めて知りました。
でも普通の小説でも、結構過激なのあるもんね。
姫野カオルコとか凄いよね。
ruka | URL | 2005/09/06/Tue 15:28 [EDIT]
こんにちは
台風すごいですね。みなさん大丈夫でしょうか。
えなりん、お久です。うさきちとカラオケ行ったと聞き、うらやましい限りです。sonatineも今度誘ってねv-10
テレビ電話はいまだに使いこなせず…

rukaさんこんにちは。
この本は結構性描写がソフトなのでおすすめですよ☆
姫野カオルコはエロかったです。
芸能人で言うと倖田來未みたいな
sonatine | URL | 2005/09/06/Tue 17:34 [EDIT]
読んじゃった・・・
とうとうこの本読んじゃいました!
人気女性作家なので文学的な部分も多いけど、結構過激でしたね。
びっくりしました☆
作家によってエロティズムの表現が違って面白かったです。
TBさせて頂きます♪
ruka | URL | 2005/09/15/Thu 17:44 [EDIT]
rukaさんへ
トラックバックありがとうございます。
sonatineは、なぜかならないのです~v-12申し訳ありません。
sonatine | URL | 2005/09/16/Fri 19:19 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/75-3851edaa
「with you」 アンソロジー
12人の女性作家が書く女性の為の官能小説集。小池真理子・岩井志麻子・桜井亜美・坂東眞砂子・島村洋子・甘糟りり子桐生典子・真野朋子・黒沢美貴・春口裕子・斎藤綾子・江國香
*読書の時間* 2005/09/15/Thu 17:41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。