スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふがいない僕は空を見た


これって性欲?でも、それだけじゃないはず。高校一年、斉藤卓巳。ずっと好きだったクラスメートに告白されても、頭の中はコミケで出会った主婦、あんずのことでいっぱい。団地で暮らす同級生、助産院をいとなむお母さん…16歳のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げ、彼らの生きかたまでも変えていく。第8回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞受賞、嫉妬、感傷、愛着、僕らをゆさぶる衝動をまばゆくさらけだすデビュー作。


あらすじだけ見ると全然興味がもてないのですが、あちこちで評判がよいので読んでみました。
すっごく面白かった!
性と生をうまくリンクしてあって、どちらもあやういのに、弱くないの!
本能が揺さぶられることって最近ないから、みんな表面は普通なのに、内面は情熱がしっかりとあって、
生きている感じがしました。

不倫相手のあんずさんの話は、同情の余地は多々あるけれども、けれども!!!
卓巳君のことを思うと、ごめんなさいの気持ちが少なくて自分勝手な気がする。
嫌いだわ

さらにあんずさんの夫も姑もやなやつで、姿を消して、卓巳君が立ち直ってくれたらなって思います。
彼の周りにはいい人なのか悪い人なのか、よくわからないけど彼をほっとけない人たちがたくさんいるし、
女性の体のことに自然に気を配る彼のことを他の女性が放っておくはずがない!と思う。
七菜ちゃんみたいに、事件のことをこだわらずに寄ってくる人がいると思う。
卓巳君はピュアで若くて、いらないものはいらない、欲しい物は欲しいって言えちゃう魅力的なひとで、
温かく見守ってあげたくなった。
この記事へのコメント
おはようございます。
この作品、最初と終わりでは、全く違う持ち味の作品に変わってましたよね。
それは、それでいい感じでした。
文章も飲み込みやすいし、今後の作品に期待します♪
ゆう | URL | 2011/08/29/Mon 10:16 [EDIT]
sonatineさん、こんばんは。

久々にあらすじ読みましたけど、これだけではぴんと来ないですねえ。
でも読んでみたら濃くってびっくりした。

本当卓巳君にはがんばって生きていってほしいです。
ダメになってほしくないですね。
お母さんがかっこよくて好きでした。
ちきちき | URL | 2011/08/29/Mon 20:38 [EDIT]
こんにちは♪
湖面とありがとうございます(^^)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ゆうさんへ

次の作品も楽しみな作家さんですね。
性的なことを書くと、いやらしくなったり、官能の方がクローズアップされがちなのに、この作品はしっかりと生きることも描いていたのが新鮮でした。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ちきちきさんへ

たしかに簡単なあらすじだけじゃわかんないです~。
このギャップも楽しいところですがね(^^)
謎解きはディナーがこれを抑えて1位をとったとのことなので、早くそっちも読みたくなりました。
お母さん、カッコよかったですね。
周りの人には、そっとしておいてほしいです。
sonatine | URL | 2011/09/20/Tue 16:09 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/757-5374b1e8
ふがいない僕は空を見た
JUGEMテーマ:読書  こんな気持ちいいことの果てに赤んぼうが生まれるならそれはなんてしあわせな出来事なんだろう。僕の中から湧いて出た初めてのこの感じ。つまり性欲? でも、それだけじゃないはず――高校一年、斉藤卓巳。好きだった同級生に告白されたの?...
ぼちぼち 2011/08/29/Mon 20:40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。