スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

femail

4101440190female
小池 真理子 唯川 恵 室井 佑月

新潮社 2004-11
売り上げランキング : 45,968
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも同僚さんに借りた官能小説です。
sonatineあんまり官能小説という言い方は好きじゃないので
ロマン小説
と呼ばせてもらいます。
うーーーん。私はWith youの方が好きだなぁ。
全体的にイマイチ

の、中で結構いいなと思ったのが室井佑月さんの『太陽の見える場所まで』
ギャンブルで借金まみれになった男と、妻に逃げられたタクシードライバー、売れない40代ホステス。
3人とも、借金まみれで、それぞれにコンプレックスを抱えている。
そんな三人が集まれば…
この話はエロより冒険っぽくって希望があって好きです。

姫野カオルコさんの『桃』も面白かったです。こうやって読んでみると桃って、形といい色といい、感触といい、甘ったるいにおいと味といい、色っぽいですね。
食べるのを見ると、あぁ色っぽいなぁと思ってしまいます。
自分で食べるときは、食べにくーって思っちゃうのですが。
この記事へのコメント
こんばんはー。

室井さんの作品。途中までおもしろおかしく、話がすすんでいったのでよけい期待しちゃったのかもしれません。
ラストになってどうしてそうなるかなぁって感じで、脱力してしまったのかもしれません。
まぁ官能小説っていうくくりで書かされたからしょうがないのかもしれませんね。

桃はおいしいのに、あの手が汚れる感じがいやですよね。でもその手が汚れる感じもなんだかいやらしいとも思いますけどね。
kbb | URL | 2008/08/10/Sun 23:30 [EDIT]
室井さんのお話は読んだ後はサッパリ覚えてないのですが、途中までは面白かったんですね。
そのへん共感してもらってホッ。
桃のお話だけが、妙になまめかしくて、個性があって、印象に残りました。
当時は桃の食べにくさとねっとりとした汁が苦手だったけど、今はそれも含めて好きです。
機会があれば、彼氏ができたときにでもいやらしく食べてみたいです(笑)
sonatine | URL | 2008/08/12/Tue 10:36 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/76-aa8e4dbe
female-アンソロジー
「female (フィーメイル)」 小池真理子 唯川恵 室井祐月 姫野カオルコ 乃南アサ こんばんは。最近は花火大会がいろんなところで開催されているせいか、浴衣で電車に乗る女の子が多くて、思わず興奮してしまいますね。あれこそ究極のワンピースですものね。なんの飾りが...
あれやこれや 2008/08/10/Sun 23:31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。