スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷つきやすくなった世界で


時代の風が冷えこんで、ぼくたちの社会は余裕を失い、仕事に就くことも続けることも難しくなった。恋愛に向けるエネルギーさえ減っている。そんな若い世代に、人気作家があたたかなエールをおくるエッセイ集。東日本大震災後の「今」を見つめた文庫版あとがきも収録。


疲れ果てていたので手が伸びた。


時代の流れをよく読んでいて、それをうまくかき分けることができる人なんだなぁというのが印象。
見ていてとっても気持ちいいこと書いてるんだけど、どれも中途半端な感じがする。
片寄ってたっていいから、もっと魂にぐっとくるものが欲しかった。
対象がR25だから若すぎたのか、石田さんの周りと私の周りの環境が違いすぎるのかイマイチぐっとくるものはありませんでした。

たとえて言うなら、
白にする?黒にする?
グレーでもいいんじゃない?


という風な。(私の勝手な解釈ですが)

石田さんとはなかなか相性良くならない
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/772-04571946
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。