スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2図書係補佐


僕の役割は本の解説や批評ではありません。自分の生活の傍らに常に本という存在があることを書こうと思いました。(まえがきより)。

お笑い界きっての本読みピース又吉が尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、胸を揺さぶられるパーソナル・エッセイ集。巻末には芥川賞作家・中村文則氏との対談も収載。



又吉さん自身がとても読書家で、本を愛でてらっしゃる気持ちがビンビン伝わってきます。
僕なんかが・・・とすごく謙遜しているけど、貧乏でも何としてでも読みたい本への執着が羨ましいです。
本の手引書ではなく、本を読んだ時の又吉さんの状況とか感性に近いものをエピソード化したもの。
面白い切り口ですね。特に彼女との出会いの場面では、読んでて笑えるまた読みたい!!!
この記事へのコメント
こんばんは^^ようやく読みました。
想像通り面白かったです!
本の解説じゃなくて又吉さんのエッセイっぽいのがまた良いです。お話との絡み具合が絶妙ですよね。
本当に本を愛しているんだろうなというのが伝わってきました。
また出してほしいなと思います^^
苗坊 | URL | 2012/02/02/Thu 21:17 [EDIT]
また出してもらいたいですね~。
本の解説じゃなくてエッセイっぽいのも面白い切り口ですよね。
又吉さんの愛情がビシビシ伝わってきますし、本好きなのに世渡り下手そうなところが好感が持てます(笑)
sonatine | URL | 2012/02/09/Thu 18:52 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/773-e7d4cd61
第2図書係補佐 又吉直樹
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)著者:又吉 直樹幻冬舎(2011-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 僕の役割は本の解説や批評ではありません。自分の生活の傍らに常に ...
苗坊の徒然日記 2012/02/09/Thu 23:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。