スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやかし草子


古き都の南、楼門の袂で男は笛を吹いていた。門は朽ち果て、誰も近づくものなどいなかった。ある日、いつものように笛を吹いていると、黒い大きな影が木立の中に立っていた。鬼だ。だが男は動じず、己を恐れない男に、鬼はいつしか心を開き……(「鬼の笛」) 京都に伝わる民話・伝説をベースに、泉鏡花賞受賞作家が繊細な筆致で紡ぐ摩訶不思議な物語。「鬼の笛」「ムジナ和尚」「真向きの龍」「天つ姫」「機尋」「青竹に庵る」の6篇を収録。


おとぎのかけら 新釈西洋童話集が洋で、こちらは和でございます。
どっちも引き込む力が半端ないです。
わたしは、時代物が苦手なんですが、次どうなるの!?って手が止まりませんでした。
人間は、妖怪よりは優しいような気がするけど、身近な人を裏切る。
妖怪は、思い切り残酷なことをするけど、身近な人を裏切らない。
そして、人間のように生きることに目的なんかなくて、ただ生きている。
楽しかったり、退屈だったり、それぞれだけど永遠の命という最強の武器をもちながら、
力を持て余している気がした。
誰かとひとつになってしまえばいい。
だけれどもそうしたら、わたしが私で存在する意味がなくなる。
だったら・・・どうすれば平安がもたらされるのだろう?
そう考えた時に、やっぱり苦しんでもあなたを感じていたい。
そう考えるのが人間・・・なのかなって思いました。

どれも素晴らしかったけど、ムジナ和尚と天つ姫がとくに好きです。
天つ姫の凛とした姿も、のびのびと生きる天狗もどちらも魅力的だったし、
ムジナ和尚の話も、絵本でぜひ見たい!


和の独特の張りつめた雰囲気と悲壮感、そして美しさが読み応えがありました。
今回も千早先生、GOOD JOB
この記事へのコメント
こんばんは^^
千早さんの描く世界観が大好きです。
日本昔話のようでしたよね。でもどこか幻想的で。
千早さんの書かれる作品はいつも次はどんな話が来るんだろうとドキドキします。
私もムジナ和尚と天つ姫すきです^^
ムジナ和尚の絵本バージョン面白そうです!
苗坊 | URL | 2012/01/23/Mon 21:34 [EDIT]
こんばんは。コメントありがとうございます!
幻想的でしたね。
すごく残酷なことをしていてもキレイだなと思える何かがあって・・・
次はどんな話なんでしょうね。楽しみです。
sonatine | URL | 2012/02/09/Thu 18:48 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/778-1428f398
あやかし草子 みやこのおはなし 千早茜
あやかし草子 みやこのおはなし著者:千早 茜徳間書店(2011-08-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「鬼の笛」妾の子として生まれ、母親にも捨てられた男は父の才能を継ぎ、笛を吹 ...
苗坊の徒然日記 2012/02/09/Thu 23:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。