スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明の子

太田 光
ダイヤモンド社
発売日:2012-01-20


地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明へと踏み出すために動き始めた子供たち。果たして人類の行く末は生か死か? 絡み合うパラレルワールドが紡ぎ出す壮大な物語! 斬新なスタイルで描かれる太田光、渾身の書き下ろし小説。


直木賞も本屋大賞も絶対取れないだろうけど、私はこの本大好きです。
声を大にして、言いたい。迷うくらいなら買って読むべき本!

私は太田さんの本が大好きでほとんど読んでいるのですが、文明を否定しない。
進化を否定しないで、今いる時代を愛している人。
そういうイメージが強いです。
今回も文明が進化しすぎて廃れていこうとする未来で、絶望はないんです。

考えること、学ぶこと、意思を持つこと
それが上へ進む唯一のすべだ。


って言葉がすごく好きです。

メッセージ性の強い作品で、読んでいてまったく飽きませんでした。
文明を生き抜く知恵がたくさん詰まっていて、きっと読むたびにいろんな言葉が響くんだろうなって思います。
とっても素敵な本でした
この記事へのコメント
こんにちは。ようやく読みました。
「マボロシの鳥」はメッセージ性が強すぎて私は理解できないところが多かったのですが、今回のは多分ちゃんと分かりました。ほっ。
凄いですね。
一つ一つの短編も面白かったですが、読み進めていくうちにどんどん繋がっていき、何度も前を見返しました。
太田さんの頭の中をのぞいてみたいです^^
苗坊 | URL | 2012/03/25/Sun 12:31 [EDIT]
こんにちは~★
たしかにマボロシよりまとまりがあって読みやすかったですね(^^)
つながりも面白かったし、わたしも多分わかった一人です。また読み返してみようかな♪
sonatine | URL | 2012/03/27/Tue 13:41 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/779-9155a56a
文明の子 太田光
文明の子著者:太田 光ダイヤモンド社(2012-01-20)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明へと踏み出 ...
苗坊の徒然日記 2012/03/27/Tue 21:24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。