スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおい 西 加奈子

4093861374あおい
西 加奈子

小学館 2004-05
売り上げランキング : 18,264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

26才スナック勤務の「あたし」と、おなかに「俺の国」地図を彫っている4才年下のダメ系学生風間くんと、ペット亀の「バタ」のほわほわ脱力気味の同棲生活から一転、あたしはリセットボタンを押すように、気がつけばひとり深夜長野の森にいた。人っ子一人いない、真っ暗闇の世界のなかで、自分のちっぽけな存在を消そうと幽体離脱を試みたり、すべてと対峙するかのように大の字になって寝っころんだりしていたあたしの目に、ふと飛び込んできたうす青色の野生の花。その瞬間、彼女のなかでなにかが氷解した――。ゆるゆるなのにギリギリなデイズ。そこで見つけた、ちっぽけな奇蹟。あンたのことが好きすぎるのよ。


この本は読書の時間さんの記事をきっかけに読みました。
このゆる~い文章とストーリー、くせになりそう




『あおい』
まず、一番初めの文章を読んでやられた。
優しく語られる。子どもに聞かせるように。
もしかして、暗い話?死ぬ話?なんて思ったら関西弁でリズム良く物語りはすすんでいく。
あたし、ことさっちゃんの周りの人が好き。
彼氏のカザマくんは変な人だけど、そこがかわいいし、友達のみいちゃんは落ち着いてて、この人もまた個性的。
お客さんの森さんは、言葉を選んで丁寧に語るのが素敵。
sonatineはせっかちだからそれをしようと思ってもなかなかできないのです。
ママの激しい性格も好き。

『サムのこと』
いきなりサムの通夜から始まる話。
集まったのは怠け者な人ばかり。
サムが死んだというのに湿っぽさのかけらもない。
彼らにとってサムってどんな存在だったんだろう?って考えると
結構『うざい』と思われてたんじゃないかな?
死人のサムを見て、自分たちのことを語りだした。
ゆるい友情だけど、うざくても、サムにいて欲しかったんだなぁって思う。

私は狭く、深ーく付き合うタイプだからこういうゆるい友情は苦手。
彼らとは違うタイプだけど、彼らは彼ら、私は私で楽しくやっているのだから何も言うことはない。

この本を読んだ後、何でか涙が出そうになった(出てはないけど)
欠点でも、自分が好きな人なら許せるし、愛しく思える。
でも、人との繋がりってとてももろいものだから、不安になるし誰かがいなくても回って行く。

最初の冒頭の意味が、最後まで読んでじんわりと染みわたる。
この本、いい本です~
この記事へのコメント
こんにちは~
*読書の時間*のrukaです♪
記事の中に書いて下さってありがとう(*´v`*)

この本いいですよね~
| URL | 2005/09/06/Tue 15:05 [EDIT]
つづき・・・
ごめんなさい!!
↑コメントが途中で切れてしまいました。
sonatineさんが涙が出そうになったって、わかる気がします。
私もさっちゃんの周りの人達みんな好き!
そこに「あおい」が加わったお話を読んでみたいな~
ちなみに・・・うちの娘の名前「あおい」ですv-238
ruka | URL | 2005/09/06/Tue 15:14 [EDIT]
rukaさんの記事がなければ読まなかったんですよね。
ぜんぜん知らない新人の作家さんだし。
だから、rukaさんに感謝です☆
娘さんの名前、あおいチャンなんですかv-238
きゃーv-10素敵ですね(^^)
子どもができたら、本で好きなキャラクターから名前を取るのも素敵ですね
sonatine | URL | 2005/09/06/Tue 17:37 [EDIT]
こんばんは。

僕も狭く深くつきあいたいタイプなので、"サムのこと"にでてくるような関係はつくれないなぁと思ってしまいました。それでも、ああいう関係がつくれるものなのかしら、と目から鱗でしたね。

sonatineさんの記事をよんで、忘れていた最初の文を読み返してみました。

はなしたいことがたくさんあるって言葉がよくわかりますね。というか、いろんなものを愛情をもってみていると、誰にでも話したくなる物ですものね。

もっとまわりをよく見てあるこう、そう思わせてくれる作品でしたね。
kbb | URL | 2008/06/04/Wed 22:11 [EDIT]
kbbさん、コメントありがとうございます★
サムの感想に共感してもらってうれしいです♪
私も周りをもっと見てみようと思いました。
sonatine | URL | 2008/06/20/Fri 14:59 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/78-fc2d7fa2
「あおい」 西加奈子
「あおい」と「サムのこと」の2つの話が収められています。まず「あおい」は、ふわふわと捉えどころのない印象を持って読み始めましたが、主人公の「さっちゃん」も「カザマ君」
*読書の時間* 2005/09/06/Tue 15:13
あおい-西加奈子
「あおい」 西加奈子 こんばんは。 seesaaのサービスで検索ワードを調べられるんですけど、以前こんなワードで検索していらっしゃった人がいるようです。 ナイスボディーになるには その方はこのブログを読んで答えをみつけられたんでしょうかね。ってか、そんなのを?...
あれやこれや 2008/06/04/Wed 22:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。