スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫鳴り

沼田 まほかる
双葉社
発売日:2010-09-16


ようやく授かった子供を流産し、哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、不思議な存在感で寄り添う。まるで、すべてを見透かしているかのように。そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。


あらすじだけ見ると、ペットと人間の心温まる話~って見えるけど、
全然違います!
第一章で、猫は何度も捨てられるし、第二章では共食い?しちゃうし、でてくる人間たちも、心の闇が大きくて、暴れだしそうな人ばかり。
でも、第三章はすごくよかった。ウルっときた。
わたしが猫なら、どうするかなぁ?
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/781-8432347b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。