スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖


ブームにつられ、購入したものの積読でした。
買って、しまった!このラノベ的なストーリーは無理かも・・・と思ったのですが、
結構面白かったです。
謎解きというよりは雰囲気がすごく好きです。
本好きの真髄の域まで行ってしまうとああいう行動になるのか、自分ではびっくり。
2もぼちぼち読みたいです
この記事へのコメント
こんにちは^^
ラノベとはちょっと違いましたよね~
本好きにはたまらない1冊です^^
私もこの古書店と人の雰囲気がとても好きでした。
2もとっても良かったです。
感想を楽しみにしています^^
苗坊 | URL | 2012/04/08/Sun 15:29 [EDIT]
こんにちは。ずいぶんブログをほっぽり出してる間にドラマ化し終わってしまいました。
ほとんどみれなかったけど、ネバーエンディングストーリーが好きでした。
苗坊さんはどう感じましたか?
sonatine | URL | 2013/05/08/Wed 20:27 [EDIT]
こんばんは^^お久しぶりです。
ドラマですか?
私は世界観が違い過ぎたのでドラマは見ていませんでした^^;
私、基本的に小説の映像化は受け入れられない堅い人間なんです・・・
苗坊 | URL | 2013/05/08/Wed 23:44 [EDIT]
こんにちは。映像化は当たればラッキーみたいな感じですよね。
あんまりわたしも小説→ドラマは好きじゃないです。
評判をみながら怖々見る派ですねぇ。
sonatine | URL | 2013/05/27/Mon 16:21 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/785-34f6cc1b
まとめ【ビブリア古書堂の事件】
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)三上 延アスキーメディアワ
まっとめBLOG速報 2012/11/05/Mon 02:01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。