スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット小雪

ロボット小雪 (竹書房文庫 GY 9)ロボット小雪 (竹書房文庫 GY 9)
(2013/05/31)
業田 良家

商品詳細を見る

純粋な感情を持ったロボット小雪を通して描く衝撃の未来像!

高校生・拓郎の恋人・小雪は、スタイル抜群の美人でロボット。
記者の父もロボット開発者の母も、家では恋人ロボと暮らしている。
拓郎と過ごす日々のなかで、小雪は人間に「感情」があると知った。
やがて、株の大暴落を機に拓郎の友人・広瀬が破産者の収容される「向こう岸」へと去ると、小雪は強い感情を持つようになる。
広瀬さんは友達だ。そして向こう岸には苦しんでいる人がたくさんいるらしい。小雪は、ある決意を固める――。
「突然、心を持ったからまわりの世界に気づいたのです」(小雪)

手塚治虫文化賞・短編賞受賞作家、業田良家の傑作、ついに文庫化!



おもしろーい\(^o^)/
最初はおバカさに笑え、途中から理不尽さに怒り、たくましさに涙。そして最期・・・そうきたかー!!!!
うまい、うますぎるよ。この漫画は!!!

もういっそロボットになっちまおうか。
ガンダムSEEDのディスティニープラン実行。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/795-d515c858
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。