スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の守り人

夢の守り人 (新潮文庫)夢の守り人 (新潮文庫)
(2007/12/21)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

人の夢を糧とする異界の“花"に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は“花"の魔力に打ち克てるのか? 開花の時を迎えた“花"は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌い手ユグノの正体は? そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは? いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾。


ピンクの表紙×花にまつわるお話、ということでバトルは少し控えめ。
自分の内面との戦い、って感じの話でした。

チャグムが「帝になんてなりたくないよぅ」というところキュンときました。
こういう風に駄々こねられる場所ができてよかったね。
夢の中にいれば、自分の望むとおりの願望がある。
現実が嫌な人には甘い花に引き込まれ、その世界に閉じこもってしまう。
帰りたくないというチャグムにタンダは言う。

おれはね、人がみんな<好きな自分>の姿を心に大事に持っているような気がする。
そして、どうしたらいいかわからないわかれ道にやってきたら、どっちに歩んでいくほうが<好きな自分>かを考えるんだ



過保護にするわけでもない。かといって突き放すわけでもない。
もし皇太子の座を逃げ出すのならば、全力で助けると。
きみはどうしたいのか?
タンダは自己決定を促す。

チャグムを通して、自分もさらに大きな大人の人から背中を押してもらっているような気がします。
大きな運命の流れを、力強く生き抜く人物たちに勇気付けられました。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/814-7a29a67c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。