スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件


銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件
(2013/09/11)
アンドリュー・カウフマン

商品詳細を見る

ある日、カナダの銀行に紫色の帽子をかぶった強盗がやってきた。彼はその場にいた十三人から“もっとも思い入れのあるもの”を奪い、去り際にこんな台詞を残した。「私は、あなたがたの魂の五十一%を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風おかしな、不可思議なできごとが起こることになるでしょう。ですがなにより重要なのは―その五十一%をご自身で回復させねばならぬということ。さもなければあなたがたは、命を落とすことにおなりだ」その言葉どおり、被害者たちに奇妙なことが起こりはじめる。身長が日に日に縮んでしまったり、心臓が爆弾になってしまったり。母親が九十八人に分裂した男性もいれば、夫が雪だるまに変身した女性も…。いったい、なにがどうなっているのか?


洋書にしてはとっても読みやすい。日本人っぽい感覚のような気がします。
一番大切な物をとられたら・・・と考えるとぞっとします。
わたしなら、「目」でしょうか。
本を読めなくなるから。

被害者たちの話の中でも、心臓が爆弾になってしまった人の話が好きでした。
あっさりしつつも、ちょっと考えさせられるお話でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/817-9f978007
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。