スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクツク図書館


ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/02)
紺野 キリフキ

商品詳細を見る

つまらない本しか置いていないツクツク図書館は、職員も建物もへんてこぞろい。弱気な館長、運び屋、語学屋、戻し屋ちゃん。そこにある秋、ひとりの着ぶくれ女がやってきた。仕事は図書館の蔵書をただ“読む”、それだけ。なのに女はまったく働かず、来る日も来る日もわがまま放題。だけど図書館にある≪伝説の本≫の話を聞いて・・・・?


本を読むことが仕事の図書館で、つまらない本しか置いてない。
そして、なんか乗り越えたりしたっぽい時は、図書館に来れなくなってしまうという何ともメルヘンなお話。
すいすい読めるんだけど、なんかよくわからなかった本。

こういう図書館の求人があったら、自分だったら行くのかなぁ?
向上心は一切不要。ひたすらつまらない本を読むだけ。
楽そうだけど、時間がもったいない気もしますね。
途中で図書館にたどりつけなくなりそう。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/819-8dcda154
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。