スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平凡


平凡平凡
(2014/05/30)
角田 光代

商品詳細を見る

つい想像してしまう。もしかしたら、私の人生、ぜんぜん違ったんじゃないかって―― 。もし、あの人と別れていなければ。結婚していなければ。子どもが出来ていなければ。仕事を辞めていなければ。仕事を辞めていれば……。もしかしたら私の「もう一つの人生」があったのかな。どこに行ったって絶対、選ばなかった方のことを想像してしまう。あなたもきっと思い当たるはず、6人の「もしかしたら」を描く作品集。


たらればでくよくよ考えてしまうことが多いので読んでみました。
角田さん・・・わたし長編の方がズドーンと重くて深くて好き。
テーマはすごく興味があるんだけど、これといって印象に残らなかった。残念!
最後の「どこかべつのところで」という話は、この本の中ではちょっと浮いていて一番好きだった。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/828-aa900dc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。