スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の記憶

4334924468明日の記憶
荻原 浩

光文社 2004-10-20
売り上げランキング : 2,379
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。そして悲しくもほのかな光が見える感動の結末。
上質のユーモア感覚を持つ著者が、シリアスなテーマに挑んだ最高傑作。


本屋大賞2位の本。
ベストセラーより、本屋大賞の方が当てになる気がする。

読んでると、苦しくなる。
どんどん主人公が追い詰められていって、ごまかせなくなって痛々しい。
とても悲しい話なのに、ラストはなぜか光が差すような暖かな気持ちになれる。
きみに読む物語
きみに読む物語
を読んだあとの感じに似ている。

職業柄、アルツの患者さんはたくさん見てきた。
それでも、ちっともわかってなかったし、これからもわからないと思う。
せいぜいわかるのは、対応の仕方だけ。
認知症患者に見られる作話や、忘れていく恐怖。
自分が自分でなくなっていく様子を、壊れていくのを自分が家族が嫌というほどわからされていく。
それでも、人は生きていかなければならない。
残酷だなぁ。

昔、永作博美さんがドラマでやってましたよね?
若年性アルツハイマーの話。
現在の恋人を忘れ、昔の恋人しか覚えていなかったり、記憶障害が著しくて最後は施設に入るのだけど、訪ねていったときはすでに自分の子どもや夫の顔も覚えてなくて、でもにっこり微笑むというシーンで最後を締めくくりました。
とても印象的なシーンでした。

できることができなくなっていき、当たり前のことさえままならず、知人との約束、顔、さらには現在の自分さえ見失ってしまう。
きっと、sonatineの職場の患者さんもずっと不安なんだろうな。
誰に言われても、確実な安心は手に入らない。
認知症は恐ろしい病です。
ぼけてもいい、なんて書いてある本もあるけど、絶対そうは思えない!

だけど、そんなことを言っても認知症と向き合っていくしかない。

そして、周りの人間から変に思われないように、最大限の努力をして、少しでも『普通』で見られるようにしなければならない。
この主人公のように、大量のメモをとったり人の表情を敏感に読み取ったり。そう思う様子が、ヒシヒシと伝わってきました。

認知症って、世間ではあまり知ってそうで知らない人が多いんだなと思います。
特にめったに会わない家族の面会のとき、記憶障害や混乱の際に、『普通』に対応して事態を悪化させてしまう場合が結構あります。

この主人公の妻、娘、娘の夫、そして彼の部下はうまく対応やフォローしていたと思います。
認知症患者かかわる際には、対応の仕方を勉強しておくべきだと思います。

ぼけたらどうしよう…。
そう考えずに入られません。

表紙の頼りないおじさんの後姿。
背景がかすんでるのは、社会との距離、自分の足元を表している感じがして切なくなる。
それと、会話中心でなく心の動きに重点を置いた文章は認知症をうまく表していると思います。
表現は悪いけど、いつもぐるぐるいろんなことを心配したり、隠したり悩んだりしていますから。
でも、夫婦愛、子どもという希望。
認め合うこと、許すこと。受け入れること。
そんな要素がいっぱい詰まったのこの本。

ぜひぜひ、読んでみてください。
この記事へのコメント
sonatineさん、こんばんは!
これは読んでいて辛かったですね…。
いつ我が身に、家族に襲い掛かるかもしれない病気。
恐怖を感じながら読んでいました。
記憶がなくなり、自分のこともやがて出来なくなってしまう…
そんなこと考えられません。けれどもそれが現実だとしたら。
読み終えた後、ずっといろいろと考えてしまいました。
もちろん答えなんて見つかりませんけれども、考えずにはいられませんでした。

TBさせていただきました。
リサ | URL | 2006/08/06/Sun 00:54 [EDIT]
答えってでないですよねぇ。
こうだから正しいとか、間違ってるとかいえない問題だし。
施設で暮らすことが間違ってる!という人もいれば、
家で我慢してみることが幸せというのではない!という人もいるだろうし。
やってみないとわからないし、なってみないとわかりませんよねぇ。
どこかで自分じゃない世界のこと、と思っていたけど
普通にまじめに生きてきた人=自分を反映してしまって
主人公が他人に見えませんでした。
友人、知人、家族、そして自分。

もしなったら。。。やっぱり怖い。
sonatine | URL | 2006/08/06/Sun 19:55 [EDIT]
おはようございます。sonatineさん。
何度も自分と重ね合わせては、なんともいえない気持ちになった作品でした。
読後も、こんなに考えさせられた作品は、かつてなかったように思います。
ラスト二行、10回くらい読み返したことを未だに覚えています。
ゆう | URL | 2006/08/07/Mon 09:32 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/85-a44b2499
『明日の記憶』荻原浩
明日の記憶荻原 浩 光文社2004-10-20by G-Tools知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。そして悲しくもほのかな光が見える感動の結末
ひなたでゆるり 2006/08/06/Sun 00:42
明日の記憶 荻原浩
広告代理店の営業課部長である佐伯。50歳という年齢にもかかわらず、若年性アルツハイマーの診断を下される。病気に対する絶望と焦燥と恐怖感。自分が自分でなくなる事も受け入れ、尚且つ、生きていかなければならない辛さ。読んでいても、行動ひとつひとつがリア...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2006/08/07/Mon 09:26
「明日の記憶」荻原浩
タイトル:明日の記憶著者  :荻原浩出版社 :光文社読書期間:2007/01/23 - 2007/01/24お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]人ごとだと思っていたことが、我が身に起きてしまった。若年性アルツハイマーと告げられた佐伯。彼には、記憶を全てなくす前に
AOCHAN-Blog 2007/02/19/Mon 21:02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。