スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブ・ケミストリー

喜多 喜久
宝島社
発売日:2011-03-04


どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。東大で理系草食男子が巻き起こす前代未聞のラブコメ&ミステリー。東大卒の著者が描く“日常系コメディ”登場!天才的化学センスをもつ藤村桂一郎は、初恋によってスランプに!突然現れた死神・カロンに振り回され、超オクテの草食男子はどこへ行く!?2011年第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。


わりと評判のいい作品ですが、わたしはイマイチ好きになれないです。
藤村の理系的な考え方と恋愛の不器用っぷリはいいんだけど、
途中から「もしかして・・・」と展開が読めてしまうところと、
どんでん返しのツメが甘いように思いました。

以下ネタバレ

↓↓

続きを読む

寝ても覚めても本の虫


大好きな作家の新刊を開く、この喜び!本のためなら女房の小言も我慢、我慢。眺めてうっとり、触ってにんまり。ヒーローの怒りは我が怒り、ヒロインの涙は我が溜め息。出会った傑作は数知れず。運命の作家S・ツヴァイク、目下の“最高”N・デミル、続編が待ち遠しいT・ハリスに、永遠の恋人M・H・クラーク…。ご存じ読書の達人、児玉さんの「海外面白本追求」の日々を一気に公開。


児玉清さん、大好きでした。
図書館でたまたま見つけた本。表紙がシンプルだけど洒落てて好きです
小説にでてくる女性に恋をしたり、ぼろぼろになった本を捨てて後悔したり、欲しかった本との出会いに大喜びしたり、「ダンディ」というイメージがちょっとかわいらしさも感じられる。
魅力的な人だったんだなぁと思いました。
文章が心地よくて、あらすじの説明もわかりやすいうえに、自分の気持ちやエピソードも盛り込まれ、洋書苦手な私でも「読んでみようかな」と思えた。
わたしも本は読んでいるが、文章はうまくない。
時々、本にのめりこめなかったりする。好きさが足りないのだろうか?
本への情熱、児玉さんに比べたら足元にも及びません。

何度でも君に温かいココアを


14歳の倫子は、叔父・ミッキーと一緒に母親の故郷・京都へ。目的はひとつ、母親の失った笑顔を探すこと。とつぜん現れた許婚を名乗る敦志と二人で、母親や父親の青春時代の記憶を辿っていく。やがて明らかになってゆく、あまりに切なく美しい真実に触れ、倫子はある決意をする―期待の新人が描いた、甘くて温かくて、ほろりと泣ける感動の物語。


実際は帯が結構食い込んでいて白+ピンク+黄色のグラデーションの綺麗な装丁です。
家族モノはあんまり好きじゃないんですが、100%優しさに包まれたタイトル買いです★


実際読んでみると・・・。

合わなかったー以下毒舌カモ

続きを読む

とびらをあければ魔法の時間


おちこんだり、かなしいことがあったとき、元気をくれるすてきな場所「すずめいろ堂」。すずめいろ堂の魔法の時間には、心がわくわくおどりだすような、ふしぎなことがおこります。


習い事が嫌になったこと、あったなー。
自分から「習いたい」と思って始めたことなのに、好きなことがだんだん苦手になっていく。
とってもいやになってさぼっちゃったところに素敵な本屋さんがあって・・・という話。
ストレスで追いつめられちゃったら、想像力が助けてくれる。
現実にはない書店は、きっと心の中にあるんだろう。

子供時代のやなことが、なんだか愛おしく思えてくる本です★

なくしたものたちの国

角田 光代
ホーム社
発売日:2010-09-24


松尾たいこ×角田光代のコラボ再び。
あとがきでお互いをベタホメしてあり、そこまで絵心のない私は感動とまではいかなかったけど、
この二人のコラボは見ていて楽しいです。
今回の松尾さんの絵って、死んでるのに生きてる。静止しているのに鮮やかに止まっている。
この本のテーマとぴったりだなって思いました。

今回の角田さんのお話は、ヤギとお友達になったり、幽体離脱しちゃったり、娘を忘れてきてしまったり、
現実にパラレルワールドを入れて、とっても切なくて、懐かしくて、楽しい読書ができました。
運命の人の話が特に好き。その後の話も、いい。
つまり、どれもスキ(笑)
同じ体験はしていないのだけども、「こういう気持ちあったな」「忘れたものっていつからかわからないけれど、絶対たくさんあるよな」って共感できた。
なくしたものも、消えてない。
どこかにあると思うと、嬉しい。安心する。
そういう希望のお話でした。

結婚相手は抽選で

垣谷 美雨
双葉社
発売日:2010-07-14


少子化対策のため「抽選見合い結婚法」が施行されることになった。この強制見合いに、アキバ系青年は万々歳、田舎で母親と暮らす看護師は、チャンスとばかりにひとりで東京へ。慌てて彼氏に結婚を迫るも、あっさりかわされるOLもいて…。それぞれの見合い事情をコミカルかつ、ハートウォーミングに描いた長編小説。


★★★★☆

ふふふ。このタイトルに興味を持った方は、裏切らない内容です。
展開はベタなんですが、読んでて楽しかったです♪
結婚相手を抽選で選ぶ法律ができて、3回断ったらテロ撲滅隊に入れられるという…。
美人でモテてきたひと、地味な人、オタクな人・・・
結婚できない理由は人それぞれ。

わたしなら、、、ラッキーって思うかなぁ。
結婚相手、見つけきれないし。でも、オタクは嫌だなぁ。
うーん、迷うところです。

抽選で選ぶわけですから、容姿の格差は当然でてきます。
ラッキーと喜ぶ人もいれば、トホホなひともいるわけで。
今まで付き合ったことのない人たちが接点を持つことで、思わぬ発見があったりするのです。
この本読んで、理想とか条件とか四の五の言ってないで、付き合ってみたら意外と相性良かったりすることあるかも!って思いました。

きっと、
わたし面食いでぇ~、
高収入じゃなきゃいや~
という理想が高い人が読んだらストライクゾーンが広がって、いい出会いがあるかも★

リセット

垣谷 美雨
双葉社
発売日:2008-02-13


現在40代後半の専業主婦とキャリアウーマン、水商売あがりの三人は、それぞれ今の生活に不満を抱えていた。ある日、彼女たちは何者かの手によって高校時代にタイムスリップさせられてしまう。今度こそ理想の人生を!と願う三人の運命は!?考えさせられつつも読んだ後、元気がもらえる作品。


★★★★★

リセット (新潮文庫)リセット (新潮文庫)
(2003/06)
北村 薫

商品詳細を見る
の本じゃないですよ。そこ注意。

人生をやり直せたら・・・と思ったことないですか?

わたしはあります。
戻りたいとは思わないけど、今の自分の知識と経験を抱えたままやり直せたら、もっといい人生が待っているんじゃないかと思うことがあります。

この主人公たちは、それぞれ全く違った環境にいます。
そしてみんな不満だらけ。
3人は高校時代にタイムスリップして、今までとは違う人生を歩み始めます。
だけど・・・
仕事を変えても、結婚しても、自分自身は根本的に今と変わらないんだなぁって思いました。

悪いのは環境。そして選択ミス。
今度こそは大丈夫という過信。
リセットは一度では足りない。
なぜならたくさんの選択肢の中で、一度も間違わないなんてありえないからだ。
最後の最後で、彼女たちは今を生きる。という意味を教えてくれた。
間違ってもいい。やり直せる。ということを教えてくれた。

人生の選択は、いつだって自分らしい。
逃げるのも、頑張るのも、選ぶ基準も。
そういう小さな自己決定が今の自分を作っている。

彼女たちのように、自分もリセットした気分。
すごく面白かったです!!!
心が弱ったら、またこの本を読み返そう。

東京島

桐野 夏生
新潮社
発売日:2010-04-24


清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える―。東京島と名づけられた小宇宙に産み落とされた、新たな創世紀。


★☆☆☆☆

最初はおもしろかった。
最後の女ともてはやされ、それで終わるかと思いきや、40代の太った女。
老いもすれば、飽きもされる。
その残酷さが甘すぎなくて好きだった。
これからどうなるの?とハマると思ったのに、だんだんつまらなくなってきた。
流し読みして終了。合わなかった。映画のほうはどうなのかな?

ガーデン・ロスト

紅玉 いづき
アスキーメディアワークス
発売日:2010-01-25


誰にでも、失いたくない楽園がある。息苦しいほどに幸せな安住の地。しかしだからこそ、それを失うときの痛みは耐え難いほどに切ない。誰にでも優しいお人好しのエカ、漫画のキャラや俳優をダーリンと呼ぶマル、男装が似合いそうなオズ、毒舌家でどこか大人びているシバ。花園に生きる女子高生4人が過ごす青春のリアルな一瞬を、四季の移り変わりとともに鮮やかに切り取っていく。壊れやすく繊細な少女たちが、楽園に見るものは―。


★★★☆☆

ミミズク以来の紅玉さん。
最初、マルの言葉使いに「オエー」っとなりながらも慣れてくると気にならないのが不思議。
読み終えて、ヒリヒリした。
毒舌なシバがどうしても好きになれなくて、シバは実はこの子たちのこと嫌いなんじゃないか、とか
なんでこんなこというの!とか物語からはじきたくなった。
最後のシバの話の途中まで好きになれなかったけど、読み終えた後にものすごく胸がヒリヒリいたくなって、
昔のつらい思い出が次々とあふれてきた。
つらい思い出の中に、優しく接してくれた人を思い出して、永遠と思った友情が今では途切れてしまったことを思うと痛くて、悲しくて、でも大切だったんだなぁと胸がドキドキして眠れなくなった。
紅玉さんはやはりすごい人でした。

ワイルド・ソウル


1961年、衛藤一家はアマゾンの大地に降り立った。夢の楽園と信じて疑わなかったブラジルへの移住―しかし、それは想像を絶する地獄の始まりだった。逃げ出す場もないジャングルで獣に等しい生活を強いられ、ある者は病に息絶え、ある者は逃散して野垂れ死に…。それがすべて日本政府の愚政―戦後の食糧難を回避する“棄民政策”によるものだと知った時、すでに衛藤の人生は閉ざされていた。それから四十数年後―日本国への報復を胸に、3人の男が東京にいた。未開の入植地で生を受けたケイと松尾、衛藤同様にブラジルを彷徨った山本。報道記者の貴子をも巻き込んだ用意周到な計画の下、覚醒した怒りは300発の弾丸と化し、政府を追いつめようとするが…。それぞれの過去にケリをつけ、嵌められた枠組みを打破するために、颯爽と走り出した男女の姿を圧倒的なスケールと筆致で描く傑作長篇小説。


★★★★★

ずいぶん前に、このみさんからお勧めしてもらって、今日読み終えました。
すっごくおもしろかったです!
読む前は、分厚いし~、525Pもあるし~、難しそうだし~、と思ってたんですが、
垣根さんはさすがです。
私のようなアホでも、ちょっと難しいシーンもあるけど・・・おもしろ!っていうのがわかりました。

政府によるブラジル移住の話って、正直知らなかったんです。
日系ブラジル人の方がいるとは聞いていたけど、好きで渡って言葉で苦労したのかな?ぐらい。
とんだ大馬鹿ものでした。すいません!
想像を絶する地獄生活。嘘でしょ、だって、文明あったじゃん!なのにどうして?なんで?
放置された移民たちに共鳴して、怒りと悲しみと、絶望と怖れと、恐怖で胸がいっぱい。
このまま、アマゾン生活での生き残りの話になるのかな?と思ってたら現代にトリップ。
その後世代の息子たちが暴れまくります。
犯罪者だけど、完全に応援してました。

最後も爽快だったなぁ。
ワイルド・ソウルは話も魅力的だけど、キャラも最高。
とくに、つかみどころのないひょうひょうとしたケイがいい。
最後の最後まで、たっぷりと楽しませてもらいました。

政治の腐敗は昔から。国民がしっかりとしなければいつか飲み込まれる日が来るのかも。
選挙が終わって読み上げたのが翌日。
選挙を他人事のように眺めていられる今は幸せと呼べるのだろう。

集団の中に飲まれて、生き残ろうとするのではなく、その中から這い上がり
自分の力で生き抜こうとする力強さが、登場人物のみんなからあふれていて、圧倒される一冊でした。
映画化してくれないかなぁ?

* * * * * * * * * *

ちなみに文庫本もあります。
こっちが読みやすいと思います。
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫) ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。